こんなゲームがしてみたい!!

さまざまなゲームが存在する中、お気に入りのゲームのお話や、究極のゲームを妄想します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

新コンテンツ?

<皆さん、オハヨウカウンターパンチイー!!o( ゜o゜)==○) ゜ο゜)☆グハァッ゛

( ̄ω ̄;)エートォ...
ふーふぁい太さんからの情報(アリガト エヘ♪(*^・^)ノ )で、ゴールデンウィークから、オープンβが開始されると言うことが分かりました。が・・・・なんか手持ちぶさたなので、新しいコンテンツを増やそうかなと思います。
題して、

こんなアニメが見てみたい!

・・・・・まあ、見ての通り、『この作品をアニメーション化してくれ~』という駄々をこねる内容です(;´▽`A``。
まあ、わたしはアニメ大好き世代なもので、いつも「面白い作品はねぇ~かぁ~」と、『なまはげ』よろしくネットやレンタルショップ、本やなどを徘徊しております(^▽^;)。
そんななかで、「この作品のアニメーションを見てみたい!」と言ったモノを載せていきたいと思っております。また、アニメーション化をするに当たって、拘ってほしい点を自分勝手に語っていきたいと思います。
皆さんも紹介した作品をご存じでしたら、皆さんなりの感想や読み方を教えて下さいませ。
それによって、また新しい見方が見えてきそうな気がします。

さて、記念すべき(?)第1作目は、

アウトニア公国奮戦記1~5 でたまか 
アウトニア公国拾遺録1~2 でたまか
アウトニア公国人類戦記録1~5 でたまか
著者:鷹見一幸
発行:角川スニーカー文庫


でたまか


です!
Story:
帝国士官学校時代に「無敵艦隊提督」とまで呼ばれた戦略の天才青年マイド。だが、理不尽な理由で辺境同盟国アウトニアに赴任させられてしまう。そして、辺境同盟国アウトニアが宿敵・神聖ローデス連合の攻撃を受けた際、これまた理不尽な理由での孤立無援の中、援軍無しでそれを向かい打たねばならなくなります。
彼の運命や如何に!!

足かけ6年に渡る作品で、今年の3月に最終巻が発行されました。
主人公マイドとその恋人メイの、彼を取り巻く仲間達の、困難をモノともしないまっすぐな心が身にしみます。
イラストを担当されているChiyokoさんの技量も素晴らしく、登場人物をより一層際だ出せてくれています。アニメーション化するのであれば、そのままChiyokoさんにキャラデザをして欲しいです、イヤ、決定ですね!


ところで・・・・・・・

最近、たくさんのマンガ、小説がアニメーション化されています。
が、どうもうまく作品世界を表現されてないように思えます。
おかげで、マンガや小説では素晴らしい作品だったのが、アニメーション化した際に表現のまずさで駄作扱いされたりしています・・・(〒_〒)ウウウ 。

この原因は何なんでしょうか。

監督が作品をちゃんと理解していないからのでしょうか?

そう思ったのは、作品は出版社に入ることで、著作権が出版社になるケースが多いと聞いているからです。そして、作品をアニメーション・映画化する際には、出版社が監督を選んで任せて居るみたいですね。
そして、出版社は監督に作品を丸投げしているのではないかと。

作品が売れたのは、原作者の感性が読者に受け入れられたからですよね。

そして、アニメーション化するなら、原作のフインキを壊さないで欲しいというのがファン心理というモノ。

任された監督は、そこら辺をしっかりと認識して欲しいです。

『自分色に染め変える』のではなく、原作者などと打ち合わせなどをしっかりとして、原作者が作品に何を込めているのかをしっかり把握し、色を加えて『さらに完成度の高い作品』に仕上げる気持ちで望んでいかないと、せっかく出来たモノも人気作品の名前を借りた、全くの別物になってしまうのではないか・・・・・・・・・・・と勘ぐっています(^▽^;)

ともかく、原作者にとっても『アニメーション化』というのは人事ではないはず。
著作権がないとはいえ、彼らの『血と汗の結晶』(『吠えろペン』より抜粋(;´▽`A``)を預かっている以上、原作をより輝かせるような作品を求めて欲しいですね。

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

こんなアニメがみてみたい! | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<再会は間近!! | HOME | 近況報告?>>

この記事のコメント

シャジュラさん おはようございます~~
ちょっと 早とちりですよ(^^  昨日コメントに書いたのはあくまで 私の希望的観測で 今日の夕方発表になるまで本当のところわかりません。
楽しみに待ちましょうね。
小説やマンガの映画化ですか いいですね~~ 私もときどき期待はずれに感じる事がありますよ。来月はダヴィンチコードが公開になりますがちょっと期待してます。
国産でいけば 田中芳樹さんの作品など好きなのですが アニメになるとちょっと キャラクターがかわいすぎるかも。。。
瀬名秀明さんの ブレインヴァレー(古いかな)など 映画化してほしいのですが 予算がかかりそうな割に マニアックなのでむりだろうな~~
2006-04-20 Thu 06:16 | URL | ふ~ふぁい太 #-[ 編集]
ふ~ふぁい太さん、いらっしゃいませ(*´∇`*)

>ちょっと 早とちりですよ
まあ、結果はその通りになったので、結果オーライということで(^▽^;)。

>小説やマンガの映画化ですか いいですね~~ 
ご賛同ありがとうございます(⌒∇⌒)。
主観的とはいえ、自分がすごく気に入っている作品が、日の目も見ずに消えていくのはとても寂しいモノです。
アニメーション・映画化には、出版社の都合もかなり反映してますでしょうしね。
そんなら、自分で気に入った作品は自分で紹介するしかない!・・・とσ(^_^;)、思ったわけですよ。
んで、
紹介した作品を読んでもらえたら万歳!
気に入ってもらえたら万々歳!!
ついでにと、そちらのお気に入りを紹介してもらえれば、万歳三唱!!!(←徘徊している身ですので・・・(;´▽`A``)
と、三段活用で都合良く考えております(▼∀▼)ニヤリッ。

> 来月はダヴィンチコードが公開
以前に、ちらりと何かであらすじを見た覚えた有りますが・・・面白そうですね\(o⌒∇⌒o)/
私も楽しみにしておりますです。

>田中芳樹さんの作品
残念ながら、田中芳樹さんの映像作品は『銀河英雄伝説』しかみとらんですタイσ(^_^;)。
しかし、この作品の戦艦のデザインや、近すぎず遠すぎない距離の編隊の組み方、BGMのチョイスは素晴らしかった。編隊の組み方は『スターウォーズ』にも見習って欲しいですな(*´∇`*)

>瀬名秀明さんの『ブレインヴァレー』
瀬名秀明さんって、あの「パラサイト・イブ」のですよね・・・ゲームやりましたよ。
むむむ、面白そうなのを紹介してもらっちゃいました ワーイ ( ^-^)o-o<※ ☆ パンッ
早速読んでみたいと思いま~す(^▽^)/
あと、瀬名秀明さんもチェックリストに入れますです~。

またぞろ、いろいろ紹介を致したいと思いますので、
よ(^0^)ろ(^◇^)し(^▽^)く(^ο^)ね(^ー^)
2006-04-21 Fri 16:12 | URL | シャジュラ #KQtL5dHM[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。